美容の大敵、紫外線から身を守る

肌を一気に老化させる紫外線

美容において一番の大敵といっても過言ではない紫外線。

紫外線を浴びすぎるとしみ、しわ、たるみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。

一度できてしまうともとに戻すのも困難なこの三つのトラブル。

できるだけ原因は作りたくありませんよね。

紫外線を回避できればそんなに悩むことはありませんが、家から出ない限り避けることはできません。

それなりの対策をしてから外出しなければ予防も困難といえます。

紫外線というと天気の良い晴れの日というイメージですが、実はそうとはいえないのです。

意外な季節に多い紫外線

紫外線が最も多い季節は、実は春の五月です。

また晴れの日に多い、ということはなく、曇りの日でも紫外線は多いです。

多くの人が勘違いをしている、または忘れがちになることから対策をせずに外出してしまいます。

紫外線は肌だけでなく目からも入り影響を受けるので、できれば目まで対策を考えたほうがよさそうです。

一気に表にでなくても、後から一気に症状が現れることがあるので油断禁物です。

温度が高い太陽がカンカンな日ほど念入りに日焼け止めを塗りたくなりますが、

実は五月も念入りに日焼け止めを塗ってほしい季節なのです。

油断せずに予防しよう

上記に挙げましたがまずは日焼け止め。

露出している部分はすべて塗っておきましょう。

たとえ日傘をさしていたとしても、アスファルトから跳ね返る紫外線は避けられません。

帽子、サングラス、日傘と万全な対策をしたつもりでも肝心な露出している肌が素であれば影響を直に受けます。

曇りでも日焼け止めは塗っておき、目に見えない紫外線から肌を守りましょう。

気にしすぎるのもストレスとなっていけませんが、日焼け止めを塗るくらいならささっとできてしまう予防法なのでハードルは高くないかと思います。

毎日予防して、若々しい肌をキープしましょう。

品川美容外科の裁判まとめサイト