ビタミンとミネラルで輝く肌に

食べ物で内側から綺麗になりましょう

 化粧品は自分に合ったものを使っているし、お手入れもきちんとしているのに、最近肌の調子が悪い…。こういった悩みを抱えている方は、今度は内面からきれいにしていきましょう。

 でも内面から変えることなんてえきるのかな…と不安にもなるでしょう。でも、大丈夫です。普段の食事にあるものを取り入れるようにするだけで、きっと肌の調子が良くなりますよ。

 その前に気を付けてほしいことがあります。それは、決して無理をせずに体調に気を付けてほしいということです。美容にいいものが入っているからと言って、そればかり食べてしまうのはよくありません。体調不良を引き起こして、肌に逆効果を与えないようにしてくださいね。

ビタミンで代謝を促しましょう

 美容に効果があるものとして、その一つがビタミンです。一口にビタミンといっても全部で13種類もあります。その中で特に効果があるのは、ビタミンA、B2、B6です。

 ビタミンAは肌の代謝を、B2は脂質の代謝を促します。どちらもレバーに多く含まれていますが、苦手な方は卵でも摂取することができます。

 ビタミンB6は皮膚にタンパク質を与える効果があります。みずみずしい肌になるには、これを摂取して肌の代謝を良くする必要があります。B6はまぐろ、豚肉に多く含まれています。 

 サプリメントで摂取するのも効果的ですが、一錠が小さいからと言って、過剰摂取しないように気を付けてくださいね。

ミネラルで肌を守りましょう

 ミネラルもビタミンと同じく、美容にはかかせない栄養素です。また、必須栄養素だけでも10種類以上あります。そのなかでも特に効果があるのは、亜鉛と鉄分です。

 亜鉛はビタミン同様、肌の新陳代謝に効果があります。また、爪や毛髪にも影響を与えるため、適切な量を摂取すればつま先から頭まできれいになれます。亜鉛はゴマや牡蠣に多く含まれています。

 鉄分は赤血球のヘモグロビン(体中に酸素を運ぶ役目)の主な成分です。ヘモグロビンが不足すると、肌で新しい細胞を作られなくなります。それを防ぐためには、レバーや納豆が効果的です。

 食べ物に気を付けるだけで、綺麗になれたらうれしいですよね。無理せず続けて美肌になりましょう。

品川美容外科の起訴まとめサイト